突発性発疹

突発性発疹は一歳過ぎてからかかると大変!?

突発性発疹とは

 

ある日突然高熱が出て熱が3日〜4日続いた後、熱が下がると同時に全身に赤い発疹が出る病気です。

 

 

季節は問わず、通年かかる病気ですが、どうやら6月〜7月ごろにかかることが多いようです。

 

 

多くのこどもは生後6か月〜1歳のころに発病します。赤ちゃんの知恵がついてくるころにかかるため「知恵熱」と呼ばれます。約90%の赤ちゃんが1歳までにかかり、2歳までには経験します。一度かかると再びかかることはほとんどなく、まれに一度もかからないまま大人になる子もいます。

 

 

感染力は強くないため、人にうつることはほとんどありませんが、初めての発熱が突発性発疹という赤ちゃんが多いため、慌ててしまうママは多いでしょうが安心してくださいね。

 

 

突発性発疹の詳しい症状は?

 

39度前後の高熱が3〜4日続きます。40度を超えることも。この時期は熱性けいれんを起こす恐れがあるため、体を温めすぎないように注意してくださいね。寒気を感じるのは熱が上がるときだけで、熱が上がりきってしまうと熱くなるので熱を逃がしてあげましょう。

 

 

赤ちゃんは熱が高い割には元気で食欲がある場合が多いのですが、食欲が落ちて一日中機嫌が悪くグズグズする子も少なくないようです。身体症状としては、鼻水や下痢のある子もいます。

 

 

熱が下がると同時に全身(おなかや背中が多いようです)に発疹が現れ、数日かけて段々薄くなっていきます。発疹はあまりかゆくないようですが、かゆがる子もいます。そして発疹が落ち着くまでグズグズ…という子も。

 

 

突発性発疹のときのお世話

 

熱が出たら勝手に突発性発疹と決めつけず、風邪などの他の病気の可能性も考えて病院を受診しましょう。

 

 

機嫌もよく食欲がある場合は普段よりも少し消化のいいものを与えましょう。

 

 

鼻水や下痢の症状がある場合は特に、水分補給をこまめにさせて、脱水症状にならないように注意してください。

 

 

一歳過ぎてからの突発性発疹は大変?

 

雑誌などでなんとなく知っていた「突発性発疹」でしたが、熱はあっても機嫌がよくて食欲もある、発疹はかゆくない、という風に書かれているから大したことないものなんだと思っていました。しかし、うちの長男・ヨウが1歳9か月のときに突発性発疹になったときは、本当にほんとーに大変だったんです。

 

 

ネットでたくさん調べても同じような症状の子の記録がほとんど残っていなかったので、この病気は一体何なんだ!?という状態で、発疹が現れるまで不安で不安で仕方なかったことをよーく覚えています。

 

 

当時mixiで書いた日記が残っていたので、ほぼ原文そのままで載せます。

 

 

2013年の6月のお話で、当時私は次男・コウを妊娠中でした。

 

 

当時の記録

 

先週の金曜日から発熱したヨウさん、火曜日の夜に発疹が出ました!

 

 

 風邪と言われたのにまさかの突発性発疹。。 昨日やっと、やーっと落ち着いた(*^^*)

 

 

突発性発疹、ひよこクラブとかでちょっと知ってはいたんだけど…こんなに大変だとは。。

 

 

 色々調べてみたら、大体こんな風に書かれてた↓↓

 

  • 生後6ヶ月〜1歳未満になる子が9割。
  • 稀にならない子もいるが、ほとんどが2歳までになる。
  • ある日突然38℃〜39℃の高熱を出す。
  • 高熱の割に食欲も元気もあり、機嫌もいい。
  • 風邪のように、鼻水や咳はない。
  • 熱は3〜4日続き、熱が下がる頃に全身に発疹が出る。
  • 発疹は痒くない。

 

 

こんな風に書いてあれば、大したことないかと思っちゃうじゃん(T_T)

 

 

育児書通りにいかないことなんて、この1年10ヶ月で分かってたはずなのに、思い込んでた部分もあったようです…(>_<)

 

 

育児ブログとか見て調べてみたら、遅くかかると大変な確立が高い模様。

 

 

突発がこんなに大変だなんて聞いてないよ!?って人は大体1歳以上でなったみたい。

 

 

うちももうすぐ1歳10ヶ月…大変だったぁ(;o;)次の子もこうなるかもしれないから、記録記録。

 

 

6月14日(金)

 

朝、なんとなく熱っぽかったので体温を計ると37℃ちょい。
微熱?暑いだけ?と思いつつも、妊婦検診へ。

 

 

検診の間に、パパが別件で小児科へ。 その時に検温し、38.3℃。
喉も少し赤いし、風邪だろうと言われ風邪薬と座薬をもらって帰宅。

 

 

元気も食欲も無く、離れると泣くのでべったり(^_^;)
夜には39.1℃まで上がり、座薬をさす。
夜中何度も起きて辛そうでした(/_;)

 

 

6月15日(土)
朝は38.3℃まで下がるものの、まだイマイチ元気なし。

 

 

夕方から旦那は友達の結婚式へ。
二次会行くとか言ってやがったけど、夜には39.1℃になり、離れてくれないからご飯もお風呂も済ませられず…
寝てもすぐ起きるから、旦那には披露宴終わったらすぐ帰ってきてもらった。

 

 

披露宴3時間半とか長すぎるー(。>д<)
9時半頃やっと夕飯食べれた…。この日も座薬をさすも、熱は下がらず。

 

 

6月16日(日)

 

義母さんに言われて朝から休日診療へ。

 

 

結局、風邪は熱が2〜3日続くものだし、小児科で処方された薬がまだあるから、飲ませて様子を見ろと言われる。

 

 

今までは嫌がらなかった薬を、今回激しく嫌がってあんまりちゃんと飲ませられてないから治らないのかな?と思う。

 

 

そして夜中、魔の数日が始まった…。
寝かしつけたものの、30分程で起きて泣く。
また寝かせて、2時間寝たか寝ないかくらいで起きて泣く。

 

 

日付変わって0時半頃だったかな?何かに取り憑かれたように泣く、泣く。
まるで怪獣…結局4時頃まで泣き続ける…。

 

 

6月17日(月)

 

機嫌最悪…朝から抱っこ抱っこ。 思い通りにならないと反りくりかえって泣く。

 

 

少し落ち着いたと思うとお尻からすごい音(笑)
下痢っぽい便が出て、お腹痛かったから機嫌悪かった?と思う。

 

 

すっきりしたのか寝たので家事を済まるうちにまた起きて下痢。
結局この日は4回下痢した。

 

 

熱は夕方には37.3℃まで下がる。夜中も勿論起きてきて泣く。

 

 

パパと3人で真夜中のドライブへ行って寝てくれたけど、家に着く頃に起きてまた泣く。
3時頃やっと眠り、6時前に再び起床。

 

 

6月18日(火)

 

この日が一番辛かった…。

 

 

朝の時点で熱は36.7℃で平熱に。でも機嫌は最悪で、ずっと泣いてる。

 

 

午後は特に大変だった(ToT) ホントずっとずーっと泣いていて、何してもダメ。
あまりに辛くて、つい一緒になって泣いてしまった(^o^;)

 

 

夕飯の頃に、顔に赤い発疹を発見。
風疹か突発性発疹じゃないかと義母さんに言われ、ようやくネットで調べる(^_^;)

 

 

風疹は、熱と発疹が同時に出る。

 

 

突発は、熱の後発疹…下痢をする子もいる。

 

 

機嫌が悪く、一日中泣いたという子もいるということを知った!

 

 

突発ぽいな…と思いながらも、この日は早めに就寝。

 

 

11時半頃に起きてきて、抱っこしたり外を散歩したり…0時半過ぎにヨウと私の2人でドライブ。

 

 

寝たので家に帰ると、旦那が塩を持って現れた。

 

「ヨウに猫の霊が憑いているかもしれない」

 

なんて言い出す(笑)

 

 

泣き方が猫の鳴き声の様だし、外に出ると大人しくて、家の中だと激しく泣くからと。

 

 

しかも義父さんが少し前に寝言でニャーニャー言ってるのを義母さんが聞いて、猫が憑いてるんじゃないかという話をしたらしく、それがヨウにうつったんじゃないか、と。

 

 

旦那も夜中抱っこ頑張ってくれてたから、疲れてたみたいでf(^^;
この話は結局私に恐怖をもたらして終わった(笑)

 

 

そして車から降りると起きる…そのまま家の周りをパパと話しながら散歩。
2時過ぎてようやく寝たので、パパはヨウと居間で寝た。

 

 

6月19日(水)

 

6時半起床し、家事を済ませて小児科受診。

 

 

突発性発疹との診断を受け、下痢しているので整腸剤をもらって帰宅。

 

 

相変わらず泣きわめくけど、終わりが見えてきたから気持ちに余裕が出てきた。
それでも夜近くにはちょっと涙が出ちゃったけど( ;∀;)

 

 

夜はまた早く寝て夜泣きに備える。
やっぱり泣いて起きたけど、ちょっと泣き方が大人しくなった!

 

 

最早恒例となった真夜中のドライブをし、寝たところで帰宅。
パパがヨウとそのまま車で寝たけど、結局30分程で起きて部屋に戻ってきた。

 

 

でも少ししたらまた眠って、そこから6時半まで寝た♪

 

 

6月20日(木)

 

朝もちょっぴりグズグズ。 ご飯は食べたくないみたいなのでミルクを少し作って飲ませる。

 

 

8時前に二度寝してしまい、11時過ぎまで爆睡。
ここ数日と明らかに様子が違うので、もしかして…の希望の光が見えた(*^^*)

 

 

起きてきたら少しグズるも、かなり普通。天使の様だった…!
お昼ももりもり食べ、機嫌良く遊び…よく笑う\(^o^)/

 

 

遊び疲れて夕方少し寝ちゃったせいか、夜はちょっと遅い就寝だったけど、朝まで爆睡♪
ようやく魔の数日が終わったのでした(/_;)

 

 

突発性発疹、侮ることなかれ!!

 

 

義母さんも、3人育てていながらこんな風になるのは初めて見ると言っていたから、やっぱり早めになればそんなに大変じゃないみたい。

 

 

でも、いつなるかわからないから《突発性》なんだよね( ̄▽ ̄;)

 

 

願わくは、二人目はこうなりませんように…(^_^;)

 

 

 

――以上が、私の経験です。

 

 

数年前の文章なので、読みにくかったらすみません。

 

 

ちなみに、心配していた次男・コウの突発性発疹も1歳過ぎましたが、いつもよりも抱っこマンになったり熱が上がりすぎて点滴を打ったりした以外は特別大変なことはありませんでした。(よかった…)

 

辛くても、ちゃんと終わりはやってきます

 

今、現在進行形で突発性発疹に悩まされているママもいることでしょう。あなたもお子さんがうちのヨウと同じような状態で、解決策を求めて当サイトにたどり着いたかもしれませんね。1歳過ぎてからの突発性発疹は、大変なことが多いようで、私と同じような経験をしたママも少なくないようです。

 

 

今あなたが突発性発疹による夜泣きやぐずりに悩んでいても、こうすれば楽になるよ!というアドバイスは残念ながらしてさしあげることはできません。私は結局ひたすらに耐えて終わったことなので、解決策がそもそもわかりません(笑)

 

 

でも、必ず終わりはやってくるということ、突発性発疹で夜泣きやぐずりが酷い子はあなたのお子さん以外にもいることを知って、少しでも気持ちが軽くなるといいなと思い、記事にさせていただきました。

 

 

涙がこぼれてしまうことはあるかもしれませんが、めげずにやれば必ず終わりはやってきます。そのときはきっと、私と同じようにお子さんが天使のように見えることでしょう(笑)辛いでしょうが、頑張ってくださいね。

 

 

 

 

関連ページ

アトピー性皮膚炎対策におすすめ!水素バス
私自身も長男もアトピー性皮膚炎です。アトピーの人には、うちで長男のために買った、普通のお風呂を水素バスに変換する「スパーレ」がおすすめです。