幼児向け通信教育こどもちゃれんじ

こどもちゃれんじってぶっちゃけどうなの?

幼児向け通信教育「こどもちゃれんじ」

 

幼児向け通信教育と言ったら!というくらい有名な「こどもちゃれんじ」。我が家も以前資料請求したら定期的にダイレクトメールが届くようになりました。

 

 

おもちゃやワークなどの見本や、年に2〜3回はお試しDVD(15分〜20分ほどの内容)が届くのですが、これがまたこどもの食いつきがいいんですよね。DVDなんて何度もつけろと催促されたものです(笑)

 

 

この間母の実家に遊びに行ったら、私の従姉の子(3歳)のちゃれんじのおもちゃが置いてあったんです。それを見つけるや否や、うちの子たち、勝手に遊びだしちゃいました。祖母がお菓子を出してくれたのですが、おやつそっちのけで遊んでいましたよ。

 

 

やっぱりベネッセは、こどもの興味を引くスキルがピカイチだなあと感じます。

 

 

ですが我が家はこどもちゃれんじ、やっていません。こどもの食いつきがいいし、やらせたいんですけどね。絶対散らかる!と思って手が出せません(^▽^;)

 

 

そこで、私の友人がこどもちゃれんじやっているというということで、色々聞いちゃいました!

 

 

友人Kと、その娘Mちゃんの「ちゃれんじ」生活

 

Mちゃんは3歳(2017年時点)で、うちの次男坊・コウと同学年になります。

 

 

意外と曲者!?はてなんだくん

 

 

Mちゃんは「はてなんだくん」というキャラクターにハマっているそうです。

 

 

私からすると「よくわからない黄色い生き物」なのですが(笑)こどもにとっては魅力的なキャラクターなんでしょうね。

 

 

はてなんだくんで遊ぶMちゃん。

 

 

Mちゃんが持っている黄色いものが「はてなんだくん」です。

 

DVDがあるのはママにとって大助かり!

 

DVDは夕飯の支度などの忙しいときに活躍しているそうです。しまじろうなどおなじみのキャラクターが出てきますので、ママが一緒に見ても楽しめると思います♪

 

 

こどものころしまじろうのアニメ見てたなーと懐かしくなっちゃいますね( ´艸`)

 

 

お友達とのかかわり方もストーリー形式で学べてしまいます。

 

 

私も順番が守れないとき、以前お試しDVDであった「順番を守ろう」というお話の中の歌(じゅんばんじゅんばんじゅんばんばん♪という歌)を歌ってみたりします。こういう歌などを活用することで、ママのイライラ軽減にも繋がるかもしれません(笑)

 

 

Mちゃんはお友達と関わるときに、ママが「こんなとき、しまじろうならこうするよ〜」と声をかけると実践できることがあるそうです。もちろんまだ3歳なので、100%ではないそうですが、しまじろうに影響されることも多いようです。

 

 

絵本も大活躍!

 

ちゃれんじの教材のひとつである絵本もMちゃんのお気に入りだそうで、寝る前に読んで〜と持ってくるそうです。お気に入りの本があるというのはいいことですね♪

 

 

ですがこの本、A4サイズと大き目であるため、寝転がって読むには重たくて手が痛くなってしまうそうです(;'∀')

 

 

読みながら寝てしまうことのある私には、顔面負傷の危険性大です(笑)

 

 

はさみやのりを使う練習もできる!

 

3歳にはさみを持たせるのは怖いですが、幼稚園に入るとはさみやのり、使いますもんね。Kも幼稚園でいきなり使うのは怖いから、入る前に練習させておくと言っていました。

 

 

はさみとのりを使って遊ぶMちゃん。

 

 

こんな風に遊びながらはさみとのりを使う練習ができます。

 

 

我が家の息子たちは勝手にはさみを使って、私の知らない間にまあ〜色々チョキチョキしてくれました…。

 

 

何してるの〜?と見ると、洋服をチョキチョキしていたことも…。修復不可能なまでに切ってくれたのでその洋服はサヨウナラしました(-_-;)

 

 

3歳くらいってはさみを使ってみたい気持ちが出てくるころなんでしょうね。切っちゃいけないものを切られる前に、切ってもいいものを与えるというのはいいかもしれません。

 

 

年長さん向けは意外と難しそうな内容!

 

今回お話を聞いたのはこの春から年少さんになる子向けの教材です。

 

 

そして我が家の長男・ヨウは今年(2017年)の春から年長さんになるのですが、年長さん向けのこどもちゃれんじのダイレクトメールももちろん届きます。

 

 

これが案外難しそうな内容で、人の消化器官の仕組みなんかを学べるようです。その他虫や植物、宇宙などの図鑑もあったりして、年長さんにこんなことを教えて理解できるの?と思ってしまうような内容です。

 

 

でも体験者の声では、こどもはすごく興味を持って図鑑を読んだりしているようで、びっくりしました。

 

 

大人がうまく教えられない、こどもの「どうして?」を教えてくれる教材があれば、きっとこどもの好奇心はどんどん伸びていって、いろんなことに興味を示したり、たくさんの学びにつながるんでしょうね。

 

 

こどもちゃれんじ、段々受講したくなってきました。でもパパが頷いてくれないとなあ…。

 

 

 

まずは資料請求で、お子さんの学年の内容を確認しましょう♪

 

 

こどもちゃれんじの詳細はこちら

 

しまじろうと一緒に豊かな体験を<こどもちゃれんじ>

 

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

 

 

 

関連ページ

トイトレ(トイレトレーニング)で大人への一歩を踏み出そう!
成長していく上で避けられないのがトイレトレーニング。 なかなかうまくいかなくて、悩んでしまいますよね。
恐怖!なにもやらない人間ができあがる!?
最近私の頭を悩ませている「しつけ」に関して。 どこまで世話をやけばいいのか?自分なりに考えたことをつらつらと書きました。