赤ちゃんの寝かしつけ

試してみたい!赤ちゃんの寝かしつけの方法8つ!

 

 

赤ちゃんは勝手に眠ってしまうということはなかなかありません。そのためパパやママが寝かしつけをしないとなりませんが、これが難しいんですよね。

 

 

わりと簡単に寝てしまうから、寝かしつけに苦労したことがないというママが知り合いにいますが、うらやましい限りです。

 

 

ママも赤ちゃんも笑顔のまま眠れるように、このページでは寝かしつけの方法をいくつかご紹介します。

 

 

私の寝かしつけの方法

 

まず最初に、私がやってきた寝かしつけの方法についてお話ししますね。

 

 

これは自分の中では一番よく寝てくれた気がするものであって、どの赤ちゃんにも効果あり!というものではありませんし、うちの子たちもこれですぐに寝ちゃったよ!というものでもありませんのでご了承ください。

 

 

私のやっていた寝かしつけ方法は、部屋を暗くして、横抱きの状態で左右に揺れながら赤ちゃんを軽くゆするというものです。

 

 

これは義母さんがやっていた方法を真似てみたのですが、ただ横抱きで左右に揺れるよりも、軽くゆするという動作をプラスしたほうが寝つきがいいように感じました。もちろん激しくゆすっちゃダメですよ!あくまで軽くです。

 

 

ずっと抱っこでふらふらしているというのも辛いものがありますから、自分の好きな歌を歌って気分を紛らわすと多少長い時間でもなんとかやっていけます。

 

 

歌を歌うときは小さな声でゆっくりめのテンポ、を意識していました。子守歌ももちろんグッドです♪

 

 

試してみたい!色々な寝かしつけ

 

赤ちゃんによって寝やすい状態というのはやはりそれぞれかと思います。ですから色々な寝かしつけ方法を試してみて、あなたの赤ちゃんに合った方法を見つけてあげましょう。

 

 

おくるみで包んであげる

 

生まれて間もない赤ちゃんは特に、ママのお腹の中にいたときと近い状況になると安心します。

 

 

ですからおくるみで包んであげましょう。少し強めに包むといいそうです。そしておくるみに包むと、抱きやすいです(笑)

 

 

手足が温まることも眠くなるきっかけになりますので、その点でもおくるみは効果的です。

 

 

寝る前の儀式を決める

 

毎日寝る前に同じことをしていると、赤ちゃんも「もう寝る時間なんだな」と寝るモードになってくれるそうです!

 

 

寝る前の儀式は激しいもの以外ならなんでもOKです。絵本を読む、子守歌を歌う、布団の中でスキンシップしながら話しかける…など。

 

 

私も小さいころ母に布団の中で絵本を読んでもらったり、子守歌を歌ってもらった記憶があります。まあ私は寝つきがいい子だったようですが。(今もです笑)

 

 

パパもママも寝るモードになる

 

赤ちゃんが寝たらパパと夫婦の時間を過ごしたいなー、あの本が読みたいなー、あのテレビが見たいなー、一杯飲みたいなー。色々あると思います。

 

 

ですが、赤ちゃんは隣の部屋でパパがテレビを見ている…なんてことをしていると、寝てくれません。テレビも電気も全部消して、赤ちゃんと一緒に寝る!くらいの気持ちでいましょう。

 

 

赤ちゃんが寝つくまでなんとかかんとか起きていられたら、こっそり布団から抜け出して好きなことをしましょう。私はいつもそのまま朝まで寝てしまいます(笑)

 

 

ちなみに長男・ヨウは、新生児のころを私の実家で過ごしたのですが、豆電球だとだいぶ部屋が真っ暗に近い状態になってしまうので、電気を消すと怖いのか呼吸が荒くなって泣き出してしまう、ということがありました。なんだか汽車のような呼吸でした( ´艸`)

 

 

おやすみグッズを作る

 

ぬいぐるみやタオルなど、ねんねのときに抱きしめて眠れるアイテムがあるといいです。

 

 

おやすみグッズがそばにある状態で寝かしつけることを繰り返すと、それがそばにあるだけで安心して眠ることができるようになります。

 

 

長男・ヨウも、お昼寝時に浸かっていたタオルケットがお気に入りで、夜寝るときもそれを使いたがっていました。そのタオルケットに包まってストンと寝てしまうことは多かったです。これは2歳ころの話ですが…。

 

 

昼間たくさん身体を動かす

 

身体をたくさん動かしていると、寝つきが全然違います。これは大人も同じですね。

 

 

日中できる限り外に出て日光を浴びたり、たくさん動ける環境を作ってあげましょう。歩けるようになったら天気のいい日はお散歩したり、公園に行ったりしましょう。

 

 

たくさん遊んだあとは、びっくりするほどコテッと寝てしまったりします。

 

 

お昼寝は長くさせない

 

よく寝ているからその間に家事を済まそう!と思って、ついつい長くお昼寝させてしまっていませんか?気持ちはよーく分かります。私もそうでした。

 

 

でも、やっぱりお昼寝をしすぎてしまうと夜なかなか眠れなくなってしまいます。お昼寝はそこそこで切り上げましょう。

 

 

参考までに、我が家のこどもたちの通う保育園では、13時ころから15時ころまでがお昼寝の時間です。

 

 

お昼寝が終わる時間が遅くなるのも夜寝なくなってしまう原因です。うちはこれでした。できれば16時ころまでにはお昼寝は終わらせたいですね。

 

 

ティッシュを使ってみる

 

これはテレビか何かで見たやり方なのですが、ティッシュを一枚取り、赤ちゃんの額をティッシュの端でそーっとなで続けると寝てしまうそうです!

 

 

試してみたい!と思って次男・コウがなかなかお昼寝しないときにやってみましたが

 

 

「ウフフ、くしゅぐったい(*´艸`*)」

 

 

と言われました(笑)3歳過ぎていますから、さすがに通用しませんでした。もし三人目があれば、ぜひ試してみたい寝かしつけ方法です!

 

 

最終手段・添い乳

 

何やってもなかなか寝てくれない場合、最終手段でおっぱいを出していた私です…。添い乳、楽なんですもん(笑)

 

 

万が一赤ちゃんが母乳を吐き戻してしまったときに、のどに詰まってしまわないように体は横に向けてあげましょう。タオルなどをくるくると筒状にして赤ちゃんの背中に当ててあげると添い乳もしやすくいい感じです。

 

 

しかし、添い乳は癖になってしまいますし、寝かしつけがおっぱいだと寝ているときにおっぱいが恋しくなってよく夜中に起きる子になってしまうそうです。私も心当たりはあります。

 

 

更に卒乳が遅くなってしまいますので、添い乳以外の寝かしつけ方法を見つけるのがベストです。

 

 

一番ダメなのは、ママがイライラしてしまうこと

 

赤ちゃんはママの気持ちに敏感です。早く寝ろ〜と思っているときほど、おもしろいくらい寝ません。私もすっごく経験あります。

 

 

ママもできる限り穏やかな気持ちで赤ちゃんとふれあい、リラックスした状態で寝かしつけてあげられるようにしましょう。

 

 

一番大事なのは、赤ちゃんが安心して眠りにつけることです。やさしく声をかけたり歌を歌ったりして、赤ちゃんを安心させてあげましょうね。

 

 

 

関連ページ

赤ちゃんの靴はいつから?どんなものがいいの?
初めての靴選び、赤ちゃんの足のことをしっかりと考えて、いいものを履かせてあげたいですよね。
ブランド物のベビー服を安く買いたい!その願い叶います!
おしゃれで可愛いブランド物のベビー服が着せたい…。 しかしワンシーズンしか着れないものにあまりお金はかけられませんよね。 でも、諦めるのは早いですよ!ブランドのベビー服を安く手に入れる方法があるんです!
オーガニックコットンを着せたい!
価格や見た目よりも、安全性が第一!と考えるママも少なくありませんよね。 お肌に優しい衣服の代表格、オーガニックコットンについてです。
卒乳・断乳はいつやる?我が家のエピソード
いずれはみんな通る道、おっぱい離れ。 これが意外と難しかったりするんです。
卒乳・断乳のやり方3選
赤ちゃんにとってもママにとっても大変な卒乳・断乳。できるだけ赤ちゃんもママもストレスが少ない方法をとりたいですね。
ふとんクリーナー・レイコップがすごい!
ふとんクリーナーレイコップのご紹介です。
赤ちゃんの絵本はこう選ぶ!赤ちゃん向けおすすめ絵本3選!
意外と難しい絵本選び。 選び方のポイントと、この時期におすすめの絵本をご紹介します。
抱っこ紐はどれも同じ?
どれも同じなのでは?と思ってしまいがちな抱っこ紐。物によって結構違いがあるんです。